presented by
Menu
試合後のインタビュー

「このアウェイゴールはとても重要」

敵地での1stレグを-1の同点で終えたFCバイエルンは、準決勝に向けて一先ず良いスタートを切ったが、来週の2ndレグでもまた90分間の激しい戦いが待ち受けることになるだろう。グアルディオラは試合後に「マンチェスター・ユナイテッドは世界最強チームの一つ。それを忘れてはいけない」と、改めて敵を賞賛。次のホーム戦についてトニ・クロースはしかし、「大きなチャンスがある」と次戦を見据えた。

試合後のインタビュー

マティアス・ザマー:我々はマンチェスターを警戒していた。だが、時にはその予想が的中して欲しくないこともある。我々が思っていた通りのプレーをしてきた。彼らは当たりも強いし組織された守備からカウンターを仕掛けようとしてきた。卓越したカウンターで苦しめられた。だが、これがチャンピオンズリーグの準々決勝だ。ここが最高のレベル。だから我々は喜んでこの結果を受け入れる。

ペップ・グアルディオラ:チームにおめでとうと言いたい。私は満足している。なぜならマンチェスター・ユナイテッドは世界最強チームの一つだからだ。それを忘れてはいけない。たとえ1-1がまだ危険な状況だろうと、このアウェイゴールはとても重要だった。2ndレグで勝利を目指す。私は選手たちを信頼している。

アリエン・ロッベン:良い試合だったよ。マンチェスターはとても守備重視で、カウンターを狙ってきた。思っていた通りのプレーをしなければならなかったが、何度かチャンスを作り出すことはできた。1-1は良い結果だよ。一週間後には勝負をつけなければならない。

トニ・クロース:難しい試合だった。僕たちは試合を支配していたが、マンUは全力で危険だった。最終的には1-1で終えることができた。この結果は悪くない。2ndレグでは大きなチャンスがある。

デイヴィット・モイーズ(マンチェスターU監督):全体的に私は満足している。長時間バイエルンの支配が続いたが、規律を守って良いチャンスを作ることができた。我々はミュンヘンでの2ndレグで得点を挙げなければならない。だからこの結果はバイエルンにとって有利だろう。