presented by
Menu
準決勝‐抽選

FCバイエルン、レアルマドリードと激突

金曜日の正午、UEFAが本拠地を構えるスイス・ニヨンにて抽選会が行われた。CL決勝の地、リスボンへの道中にバイエルンの壁として立ちはだかるのはスペイン王者だった。レアルマドリードは準々決勝でボルシア・ドルトムントを制し、9度目となるベスト4入りを果たしている。

「これはバイエルンとレアルどちらのサッカーファンにとっても楽しみにできる対戦カードだ。世界最高の中の一チーム、素晴らしいチームと戦うことになる。厳しい2試合になるだろう。それは今の時点ですでに明言できる」と、カール=ハインツ・ルンメニゲが抽選会の直後FCB.tvにコメント。1stレグは4月22/23日にマドリッドで、2ndレグはその一週間後の4月29/30日にアリアンツ・アレーナで行われ、決勝戦は5月24日にリスボンで開催予定。

もう一方の準決勝対戦カードはアトレティコ・マドリード対FCチェルシーとなっている。