presented by
Menu
報道関係者への声明

FCBがイギリスメディアの2紙を非難

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスターU戦を1-1で引き分けた後、2014年4月1日、英紙「Daily Mirror」と「The Sun」ではバスティアン・シュヴァインシュタイガーに対する尊敬の念を抱かない、差別的で個人の見解を伴った侮辱的な紙面が飾られていた。FCバイエルンミュンヘンはそのような報道を一切受け入れる意向はなく、最も強い言葉でこれを非難する。

UEFAはちょうど今、CLで欧州に“リスペクト”を呼びかけるキャンペーンを行っている。全ての選手がこの文字の入ったユニフォームを着て、大会参加者全員がこの“リスペクト”の遵守を義務付けられている。

決勝トーナメント初戦でアーセナルをホームで迎えた際、アリアンツ・アレーナでこの協定に違反し“リスペクト”を欠く横断幕を掲げた4人の観客が原因で、FCバイエルンのブロック内で約700席が封鎖され罰金1万ユーロが課せられたが、もちろん我々はそれを受け入れた。

FCバイエルンミュンヘンはアリアンツ・アレーナで行われるFCバイエルンミュンヘン対マンチェスター・ユナイテッド(4月9日)戦のアクレディションカードを「Daily Mirror」と「The Sun」のジャーナリストに交付することはない。