presented by
Menu
「ペップはビールをかけられるよ」

ダンテ「もう一度全力で」

まさにダンテのための数日だった。先週末の試合ではブンデスリーガ通算150試合出場を果たした。そして水曜日にはブラジル代表のワールドカップメンバーにノミネート。現在父親といとこがブラジルから訪問中で、練習に欠かさず駆けつけている。ダンテは「彼らが来てくれたことをすごく嬉しいんだ。いつもすぐに会えるわけではないからね」とfcbayern.deに答えた。

ワールドカップメンバーに入ったことが家族の大きな祝い事になったのは当然だろう。「パパはすごく喜んでくれたし、僕のことを誇りに思ってくれている。僕ももちろんそうだよ。招集されてすごく嬉しいんだ。でも大騒ぎするつもりはないよ。まだ週の真ん中だし、10日後には大事な決勝戦があるからね」とダンテ。

アリアンツ・アレーナ、ベルリン、そしてブラジルへ。「僕らは勝つためにももう一度全力を出して、集中して臨まないと」と今シーズンバイエルンでの残り2試合に向けての意気込みを語った。

初のベルリン決戦へ

土曜日にはリーグ最終戦のシュツットガルト戦がホームで行われる。ファンにもう一度優勝チームのプレーを披露し、試合後には優勝セレモニーが行われ、優勝皿がチームに渡される。伝統の白ビールによるビールかけも当然行われる。標的になるであろうペップ・グアルディオラ監督に対して「避けることは出来ないよ。絶対にかけられるからね!」とダンテは約束した。

もちろん試合内容も重要視している。「決勝に向けて良い準備をしたい。コンパクトな陣形でアグレッシブにチーム一丸となって。自信を持ってベルリンに乗り込む」と話していた。

ベルリンでは昨シーズンやり残したことを取り戻したい。ブラジル代表としてコンフェデ杯に参加するために昨年の決勝戦は欠場していた。「決勝に出られなかったのはとても悲しかった。初めてドイツカップの決勝の舞台に立つ。優勝杯を手にしたいよ!ワールドカップに集中するのはその後」と語っていた。