presented by
Menu
30選手を召集

ドイツ代表ワールドカップ暫定メンバーにバイエルンから7人

ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴはブラジルワールドカップに向けて30人の暫定メンバーを発表した。バイエルンからはフィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、トーマス・ミュラー、マリオ・ゲッツェ、ジェローム・ボアテング、トニー・クロースの7人が召集された。

30人の招集メンバーには初召集のドルトムント左サイドバックのエリック・ドゥルム、シャルケMFマックス・マイアーとレオン・ゴレツカ、ホッフェンハイムFWのケヴィン・フォラント、A代表歴がまだないアウグスブルクMFアンドレアス・ハーンとサンプドリアDFシュコドラン・ムスタフィと全部で6人のニューカマー。一方メンバーから外れたのは元バイエルンFWマリオ・ゴメス。今季は所属するフィオレンティナでケガが続いていた。

南チロルでの合宿、そしてカメルーンとの親善試合を経て、6月2日に最終的なワールドカップメンバー23名が発表される。

暫定代表メンバー

GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)、ロマン・ヴァイデンフェラー(ドルトムント)、ロン=ロベルト・ツィーラー(ハノーファー)

DF:ジェローム・ボアテング、フィリップ・ラーム(バイエルン)、エリック・ドゥルム、ケヴィン・グロースクロイツ、マッツ・フメルス、マルセル・シュメルツァー(ドルトムント)、マティアス・ギンター(フライブルク)、ベネディクト・ヘーベデス(シャルケ)、マルセル・ヤンセン(ハンブルガーSV)、ペル・メルテザッカー(アーセナル)、シュコドラン・ムスタフィ(サンプドリア)

MF:ラルス・ベンダー(レバークーゼン)、ユリアン・ドラクスラー、レオン・ゴレツカ、マックス・マイアー(シャルケ)、マリオ・ゲッツェ、トニー・クロース、トーマス・ミュラー、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)、アンドレアス・ハーン(アウグスブルク)、サミ・ケディラ(レアル・マドリード)、メスト・エジル、ルーカス・ポドルスキ(アーセナル)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、アンドレ・シュルレ(チェルシー)

FW:ミロスラフ・クローゼ(ラツィオ)、ケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム)