presented by
Menu
インサイド

バドシュトゥーバーがついにチームに合流

ホルガー・バドシュトゥーバーにとって非常に大きな意味を持つ一日となった。離脱期間17ヶ月という時を経て同FCBディフェンダーが木曜日、再びチームの全体練習に部分的に合流した。ウォームアップの他にもパス・シュート練習に参加し、その後は45分間の個別メニューに移ったバドシュトゥーバー。一方、肉離れを克服したジェルダン・シャキリも集中的に走るメニューをこなして、チームへの合流へまた一歩近づいた姿を披露。FCBtv Newsにて同選手は「ポカール決勝戦には間に合わせて、タイトルを獲得するためのチームの力になりたい。」と力を込めた。

ズアとアルスラン抜きのハンブルク

ハンブルガーSVは土曜日に行われる今季ラスト2試合目のFCバイエルン戦にて、FWジャック・ズアの離脱が決定した。22歳のカメルーン出身のズアは、木曜日のトレーニングで太ももを痛め、肉離れの心配がされている。降格危機の真っ只中にいるHSV指揮官ミルコ・スロムカは「我々にプレゼントが贈られることはない」と、遠まわしに怪我人が出たことへの不運についてコメント。ゴールゲッターのピエール=ミシェル・ラソッガも太ももの負傷中により、復帰時期は早くて最終節のマインツ戦。さらに欠場が決まっているのは累積警告により出場停止となっているトルガイ・アルスランだ。ラファエル・ファン・デル・ファールトとハイコ・ヴェスターマンは再びチームに戻っている。