presented by
Menu
記者会見にて

ピサーロが2015年まで契約延長

2014年6月30日までとなっていた契約を1年延長するということで、FCバイエルンミュンヘンとクラウディオ・ピサーロ(35)が合意に達した。

これについて代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「彼がクラブにとってどれだけ多くのゴールを奪い、重要な存在であるかというのをクラウディオは今シーズンも証明してくれた。彼が今後もここでプレーしてくれることを我々は非常に嬉しく思う」とコメント。

一方、ピサーロも「来年もFCバイエルンでプレーできることをとても誇りに思う。世界でも僕にとってここ以上のクラブは存在しない」と、バイエルンで迎える9シーズン目を喜び、「僕たちは信じられないようなチームだ。一緒にプレーしていてとても楽しい。来シーズンでも再び攻撃的に出る」と力を込めた。