presented by
Menu
記者会見にて

FCBがゴールラインテクノロジー導入を申請

FCバイエルンミュンヘンは水曜日(2014年5月21日)、DFL会長Dr. ラインハード・ラウバルにブンデスリーガ1部におけるゴールラインテクノロジー導入の申請書を正式に提出した。

これについてカール=ハインツ・ルンメニゲが以下のように説明した。

「ブンデスリーガ1部だけに、できるだけ早くゴールラインテクノロジーを導入するよう依頼した。サッカーと、そして特に審判を今後より守っていかなければならない。もう一度確認したり、時間を巻き戻したり、数学的な算出を出せない審判が公式の場でさらしものにされるのは我慢ならない。これは将来防げること、そして防ぐべきことだ」

FCバイエルンミュンヘンのこの提案は、DFLの次期総会で議題の一つとして挙げられ、話し合いのもと採決される見通しだ。