presented by
Menu
インサイド

FCB、再びサッカークラブのブランド力NO.1

昨年、歴史に刻まれる3冠を達成したFCBは、サッカークラブのブランド価値でもNO.1の座を守り抜いた。イギリスのコンサルティング会社「Brand Finance」が世界のブランド価値ランキングトップ50を発表。バイエルンのブランド価値は約915億円と評価され、堂々のランク1位に輝いた。ちなみに、昨年も約877億円で同様に1位。2位につけたのは783億円のレアルマドリード。前回2位のマンチェスターUを抜く形となった。ユナイテッドは753億円で3位に順位を落としている。

ラーム、完全復帰の前にランニングから

足を負傷していたドイツ代表キャプテンのフィリップ・ラームが、火曜日に再びランニングを開始することが明らかになった。「彼は明日ランニングメニューをこなすことになる。だが、毎日様子を観察しなければならない」と、代表監督ヨアヒム・レーヴが月曜日に合宿先にて説明。一方、肩の怪我がまだ治らないGKマヌエル・ノイアーについては「もう数日間はリハビリが必要」と、まだ時間が掛かることを明かした。バスティアン・シュヴァインシュタイガーのチーム合流時期に関しては水曜日までに決断が下される予定。いずれにせよ、3選手ともにワールドカップ出場には全くリスクはないとのこと。「問題ないことに変わりはないと見ている。全員怪我を治し、コンディションが整った状態で大会を迎えるだろう」とレーヴ。