presented by
Menu
インサイド

ラームがランニング開始

告知通り、FCB主将フィリップ・ラーム(30)が火曜日の午前中、ドイツ代表の合宿地にてランニングメニューをこなした。DFBポカール決勝ボルシア・ドルトムント戦で足を負傷して以来、10日ぶりに強い雨が降り注ぐ中ピッチに姿を現した同選手。一方、マヌエル・ノイアーの合流は早くとも土曜日に終了するトレーニングキャンプの以降の見込み。従って、チームマネージャーのオリヴァー・ビアホフは、同GKのボルツァーノでの復帰を計算から外しているようだ。「怪我をしている右肩にまだ負担をかけることができない」とビアホフが現状を報告している。