presented by
Menu
インサイド

リベリー復活も90分プレーに黄信号

土曜日、2014年DFBポカール決勝の舞台でバイエルンが対戦する相手はボルシア・ドルトムント。背中の痛みを訴えていたフランク・リベリーは今週からチームの全体練習に合流し、ベルリン行きのメンバーにも選ばれる見通しではあるが、最初から出場できるかどうかについては疑問視されている。同選手は「感触は良い。でも90分間は難しい。トレーニング後は自分の背中が少し固くなった感じがする」と水曜日に自分の状態を説明。一方、ここ数日早めにメニューを切り上げなければならなかったアリエン・ロッベンとマリオ・マンジュキッチは、水曜日のトレーニングは最後までこなしている。