presented by
Menu
ビデオチャットにノイアー登場

「僕たちの勝利への意欲は他にはないものだ」

DFBポカール決勝戦を3日後に控え、バイエルンGKマヌエル・ノイアーが特別プログラムに参戦した。同選手はFCB.tv企画の独占ビデオチャットに登場し、ファンの質問に一つひとつ回答。fcbayern.de がノイアーのコメントのいくつかを紹介する。

マヌエル・ノイアーの回答:

ポカール決勝戦について: 楽しみに待つ気持ちが強い。素晴らしい試合になるだろう。なんたってドイツで最高の2チームがぶつかるんだ。この言葉が相応しい決勝戦だね。互角の試合になるだろうから、その日の調子が勝敗を左右するだろう。

サッカー以外の好きなスポーツ:僕は14歳になるまでテニスをやっていたんだ。休みに入るとウォータースポーツで、冬はスキーやクロスカントリースキーもやっていた。僕は野心家だからね。何かをやる時は必ず納得いくまでやりたいんだ。

FCバイエルンの特別なこと 僕たちは大きな成果を残すことができたし、ドイツで一番になることができた。これは素晴らしい感覚だよ。クラブソング(Stern des Südens, Anm. d. Red.)の歌にも出てくるように、常に売り切れのアレーナでプレーすることができ、漂っている雰囲気はいつも特別。僕たちの勝利への意欲は他にはないものだ。それに、アウェイ戦がどこだろうとファンが駆けつけてくれる。僕が休暇で訪れたインドネシアでさえね。

ワールドカップについて:僕にとって、大会で良いスタートを切ることは必ず大事。一番良いのは勝利だ。そしたら、次の試合も良い感触で臨める。最初の試合からトーナメントが始まると思った方がいい。そこに全てが懸かっている。ドイツはサッカー大国だから期待は大きい。その期待に応えたい。