presented by
Menu
ロシアに1-0

ファンボイテンのベルギー代表、決勝トーナメント進出

オランダ代表アリエン・ロッベンに続き、ベルギー代表ダニエル・ファンボイテンが2人目のFCバイエルン選手として決勝トーナメント進出を決めた。リオデジャネイロで行われたロシア代表との試合を1-0(0-0)で勝利し2連勝を挙げたベルギー代表はグループリーグ突破を決めた。この日が代表81試合目となったファンボイテンはこの日もフル出場で勝利に貢献した。

「とても嬉しいよ。今日は簡単な試合じゃなかった」と試合を振り返った。74700人の観客で埋まった伝説的なマラカナスタジアムでベルギー代表は優勢的に試合を進めたが、少しずつ失速。44分にはロシアのアレクサンドル・ココリンが決定機を外したおかげで助かった。

後半は両チームともスピードと正確性を欠き、なかなかゴールチャンスが生まれない。今大会のダークホースとされているベルギー代表だが、自慢の攻撃陣は沈黙を続けていた。それでも終了間際にカウンターから左サイドを攻略すると、突破したアザールのパスをディボック・オリギがダイレクトでゴールを決めた(88分)。

「途中から入った選手がものすごいモチベーションを見せてくれた」とファンボイテンはチームのメンタルを褒めた。決勝トーナメント1回戦ではドイツ代表が属すグループの1位か2位と対戦。「小さなベルギーがどこまでいけるかな」とファンボイテンは決勝トーナメントを楽しみにしている。