presented by
Menu
ブラジルに3-0

ロッベンのオランダ代表が3位

アリエン・ロッベンの活躍もあり、オランダ代表が3位決定戦で開催国ブラジルを3-0(2-0)で下した。3分、ロッベンが得たPKをキャプテンのロビン・ファンペルシーが冷静に決めて先制に成功すると、17分にダレイ・ブリントがブラジルCBダビド・ルイスのクリアミスから追加点。ロスタイムにもジョルジニオ・ワイナルドゥムが加点した。

この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたロッベンは「このチームは素晴らしい。僕らは決勝にふさわしいだけのチームだった。特に今日の素晴らしいパフォーマンスを見た後だとね」とコメント。大会を振り返り「世界で3位になった。誰も期待していなかっただろう。このチームのことを誇りに思うよ」とポジティブに総括した。

一方90分間ベンチに座っていたブラジル代表のダンテは「3週間の休暇をとる。家族のもとにいくよ。早く逢いたいね。頭を休めるのに大切なことだ」と話した。大会については「とてもとてもがっかりしているし、すごく悲しいよ。でも多くのことを学んだ。サッカーではいつでも本当にすごく集中していないといけないんだ。ドイツ戦はとても難しいものだった。前よりも強くなって戻ると確信しているよ」と力を込めて話した。