presented by
Menu
独占インタビュー

ベルナト「夢が現実になったよ」

トレーニング開始日の2日前に戦力補強を行ったFCバイエルン。移籍が決定したのは、U21スペイン代表のフアン・ベルナト。リーガ・エスパニョーラのFC ヴァレンシアに所属していた21歳の左サイドバックだ。これでバイエルンは、ロベルト・レヴァンドフスキ(ボルシア・ドルトムント)とセバスティアン・ローデ(アイントラハト・フランクフルト)に続き、新シーズンに向けた3人目の新戦力を獲得した。

左サイドハーフとして攻撃的にもプレーすることができるベルナトは、昨季ヴァレンシアで32試合に出場し、そのうち26試合ではスタメンに名を連ねていた。昨年トルコで開催されたFIFA U20ワールドカップにも同選手は参加しており、スペイン代表として4試合に出場し、準々決勝でウルグアイに敗れ敗退。そして、その1年前にはU19スペイン代表としてヨーロッパ選手権を制している。そんな期待の星ベルナトに、バイエルンとの契約を交わした直後、fcbayern.deがインタビューを行った。

フアン・ベルナトとのインタビュー

fcbayern.deこんにちは、フアン。FCバイエルンへようこそ。調子はどう?
フアン・ベルナト:今すぐチームの一員になれて、とても嬉しいよ。僕のキャリアにとってはとても大事なステップだ。本当に満足している。夢が現実になったよ!

fcbayern.deヨーロッパのトップリーグから、他にもいくつか話しは来ていたよね。君にとって、故郷を去ってミュンヘンに移籍してくる理由はなんだったのかな?
ベルナト:僕は6歳の頃からずっとFCヴァレンシアでプレーしてきた。そして、もちろんFCバイエルンミュンヘンのようなビッグクラブが僕に関心を持ってくれたことを凄く誇りに思っている。世界でも最高のクラブの一つだし、僕にとってこのクラブでプレーするということは大きなモチベーションになる。チームで自分のポジションを確保するために全てを捧げて、FCバイエルンで多くのタイトルを勝ち取りたい。

fcbayern.deスペイン人ではハヴィ・マルティネスとチアゴがすでにバイエルンでプレーしているけど、もう連絡はした?
ベルナト:いや、まだ今のところしていない。まだ2人のことを直接知っているわけではないからね。でも、2人がいるのは嬉しいよ。それに、特に最初のミュンヘンに慣れるまでの間は助けてくれると思う。

fcbayern.deもう一人の同国出身の人はペップ・グアルディオラになるね。移籍の際に彼はどんな存在だった?
ベルナト:グアルディオラは疑う余地なく世界最高の監督の一人だ。彼の下でさらに多くのことを学べると思う。一緒にやれることをとても楽しみにしている。

fcbayern.de選手としての自分の強みは?
ベルナト:自分のことについて話すのはいつも少し難しい。でも、攻撃力、スピード、キープ力と1対1が強いサイドの選手だと思う。これらが僕の主な特徴かな。そして、FCバイエルンのファンの前でプレーできることを、今から楽しみにしている。