presented by
Menu
素晴らしい成果

FCバイエルン、W杯タイトルを祝福

24年の時を経て、ドイツが再び頂点に立った。そこには、FCバイエルンからは7人もの選手が直接関与し、これにカール=ハインツ・ルンメニゲも「卓越した成果だ」と歓喜を爆発。マティアス・ザマーは「ドイツ代表、おめでとう。なんという勝利だ!」と喜びを表した。

FCBのコメント:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「ドイツ代表、おめでとう。順当なワールドカップ優勝だ!そこに7人ものバイエルンの選手が関与していることは、私たちも皆幸せだ。これは卓越した成果。ミュンヘンに帰ってきたらチャンピオンたちに手短に祝福の言葉を伝える。その後、彼らはすぐに休暇に入るよ」

マティアス・ザマー:「なんという偉大な勝利だ!ドイツ代表とヨアヒム・レーヴ、そしてFCバイエルンの選手たちを心底嬉しく思う!ドイツ中が喜ぶ、我々のチームが勝ち取った素晴らしい成功だ!」

ペップ・グアルディオラ:「ドイツにとって素晴らしいことだ。私の選手たち、そしてヨアヒム・レーヴ監督におめでとうと言いたい。このタイトルを満喫してほしい。彼らは優勝に値した!」

ロベルト・レヴァンドフキ:「試合は家で見たよ。見ていて楽しかったね。おめでとう!」

ダヴィド・アラバ:「みんなのことを誇りに思うよ。彼らが優勝して夢を叶えたことが本当に嬉しい」

セバスティアン・ローデ:「おめでとう!みんな大会を通して素晴らしいプレーをし、W杯優勝を果たした!ベルリンでの祝賀会を楽しんでくれ!」

ラフィーニャ:「素晴らしいW杯決勝戦だった。もちろん、ブラジルに優勝してほしかったけど、それは叶わなかった。でも、幸運なことにドイツがそれを成し遂げてくれた。彼らが世界一だ!」