presented by
Menu
新加入選手のインタビュー

ローデ「長く考える必要はなかった」

FCバイエルンに移籍を果たしたセバスティアン・ローデ。同選手は火曜日、すでにトム・シュタルケ、ホルガー・バドシュトゥーバーと共にゼーベーナー通りで初のトレーニングを行った。その後fcbayern.deが、バイエルンの第一印象やこのクラブでの目標、そして移籍について話したマティアス・ザマーとの電話のやりとりについてインタビューした。

セバスティアン・ローデのインタビュー:

fcbayern.deセバスティアン、FCバイエルンへようこそ!ここに来ての第一印象は?
ローデ: 最高。トレーニングは良かった。ホルガーとトムとも知り合えたし、天気も良かった。良いスタートだね。

fcbayern.de正式なトレーニング再開日は8日後だけど、待ちきれない?
ローデ:ホルガーとトムと僕の3人は長い間負傷していた。だから、フィットネスを上げた状態で全体の準備トレーニングに参加するためにも、早めにスタートすることは良いことだね。

fcbayern.deまず膝を負傷し、数週間前には手を骨折したね。健康面での調子はどう?
ローデ:膝はもう大丈夫。手も全く問題ないね。僕がやるのはサッカーで、ハンドボールではないからね。ゴールキーパーでもないし、今はとにかく準備トレーニングに合わせてコンディションを上げていきたい。

fcbayern.de:来週正式に始まるトレーニングは楽しみ?
ローデ:ペップ・グアルディオラのもとでトレーニングをすることや、チームメイトと知り合うことを凄く楽しみにしているよ。もちろん、少し緊張もしているけどね。FCバイエルンでプレーすることは少し違うことだし、ここは全てがワンランク大きい。でも、緊張と比較すると楽しみの方が勝っている。

fcbayern.deもうペップ・グアルディオラとは話した?
Rodeそうだね。少し会話したよ。でも、きちんとコミュニケーションをとれるのは7月9日になってからだね。

fcbayern.de FCバイエルンでの目標は?
Rodeできるだけたくさん試合に出場して、できるだけ多くのタイトルを獲得したい。来年にはもうベンチ入りしていることを願ってるよ。

fcbayern.deどこのポジションでプレーすると思う?
Rodeフランクフルトではいつもボランチでプレーしていた。でも、他のところでプレーした経験もある。どこのポジションでもやる気はあるし、そこで自分の長所を出していきたい。ダイナミックで攻撃への素早い切り替えや、守備時のボール奪取をね。ピッチでは全力を尽くす。ペップ・グアルディオラが僕で何を計画しているかは、様子をみるしかない。

fcbayern.de今日ホルガーとトムと知り合ったね。ここに来る前にFCBの選手と連絡はとってた?
ローデ:マヌエル・ノイアーとは、代理人が一緒だから連絡をとったよ。トニ・クロースはユースチームの頃から知ってる。ディエゴ・コンテントとダヴィド・アラバはU19の時に対戦した。だから、もういくつかの関わりはあるね。

fcbayern.deFCバイエルンが君のところに話を持ち掛けたときはどんな感じだった?
ローデ:マティアス・ザマーから電話がくると代理人から言われたんだ。そこですでに少し緊張してしまうよね。マティアス・ザマーは、電話でもう移籍のことを納得させてくれたから、長く考える必要はなかったよ。

fcbayern.deFCバイエルンでのポジション争いは常に激しい。どうやって対応していくつもり?
ローデ:マティアス・ザマーが僕に『ポジション争いは受け入れなければならない』って言ってきたよ。だから僕は受け入れる。簡単でないことはわかっているけど、挑戦を通して人は成長するもの。それを僕も狙っている。 

fcbayern.de新しい練習着をもらい、最初のトレーニングをこなしたけど、新居はもう見つけた?
ローデ:そうだね。もう見つけたよ。今週だけはまだホテル暮らしだけど、来週からはもう入居できる。楽しみだね。