presented by
Menu
ドルトムントでスーパーカップ

グアルディオラ「テストではない。決勝戦だ」

8月13日水曜日に行われるスーパーカップで、昨シーズン2冠のバイエルンとリーグ・DFB杯準優勝のドルトムントが対決する。2013年チャンピオンズリーグ決勝と同カードとなるこの対戦は、シーズンに向けて両チームの力関係を図るゲームとなる。

「満員のスタジアムでの決勝戦。サッカー選手として楽しみだよ。ドイツにおける偉大なライバルとの対戦だ。今シーズン最初の公式戦をとても真剣にとらえているし、なんとしても勝利したい」とGKマヌエル・ノイアーは語る。ジェローム・ボアテングはW杯での同僚との再会を楽しみにしているが、「水曜日は彼らとの対戦となる。90分間、友情は抑えておかないとね」と気合を入れていた。

ハングリーなのはペップ・グアルディオラ監督も同様だ。「今シーズン最初のタイトルをかけた試合だ。勝つために試合に臨む」とコメント。火曜日の段階で遠征メンバーについての好評は避けている。確実にミュンヘンに残るのはラフィーニャ(外側靭帯断裂)、フランク・リベリー(膝の問題)の2人。合流してわずか2日のぺぺ・レイナ、軽傷を負っているバスティアン・シュバインシュタイガーもメンバーからは外れるだろう。

「今回は前回以上に」

スタメンにはプレシーズンを通して練習してきたメンバーが並ぶだろう。「コンディションがいい選手は8-9人だけ。しかしそれは普通のこと」とグアルディオラ。テストマッチとは違い、交代選手は3人まで。コンディションのいい選手を送ることしかできない。キャプテンのフィリップ・ラームには「まだ時間が必要だ。それも普通だ」とグアルディオラ。試合に向けて実験的な要素が入り込む余地はない。「コレはテストではない。決勝戦だ」とコメント。

昨シーズンのスーパーカップではペップ・グアルディオラ最初の公式戦として注目を集めたが、ドルトムントに2-4で敗れた。グアルディオラは「今は我々も彼らのことをよく分かっている。ユルゲン・クロップ監督が6シーズン続けて指揮を取っており、スーパーカウンターチームだ。良い構築をしている。すごくリスペクトしているよ。難しい試合になることは分かっている。しかし我々はタイトルを勝ちに行く」と話していた。ダビド・アラバは「今回は昨シーズン以上のプレーを見せる」と語っていた。