presented by
Menu
DFB杯1回戦後コメント

グアルディオラ「満足している」

5人のW杯優勝選手がスタメンに名を連ねたFCバイエルンはDFBカップ1回戦で3部リーグのSCプロイセン・ミュンスターに危なげなく4-1で勝利し、2回戦進出を決めた。ペップ・グアルディオラ監督は「素晴らしいパフォーマンスに祝福する。満足している」とコメント。

試合後コメント

ペップ・グアルディオラ監督「素晴らしいパフォーマンスに祝福する。しかしマリオ・ゲッツェのゴールが決まるまではみゅんスターの方がいいチームだった。ゴールが決まった後は我々の方が良くなり、後半はさらに良くなった。満足している。しかしまだ時間が必要なのは見ての通りだ」

フィリップ・ラーム「絶対に2回戦進出を決めたかった。もちろん僕らはまだ100%の状態ではないが、そこに行くまで試合が必要だ」

マリオ・ゲッツェ「比較的満足のいく試合だった。大事だったのは早い時間帯にゴールを決めることができた点。今日大事だったのは勝ち残る事だけ。僕らは良いレベルあるけど、フィットネスをもっと上げていかないといけない」

ホルガ―・バドシュトゥーバー「今日はプレーすることができてうれしい。すごく楽しむことができたし、勝つこともできた。いい日だった」

ダンテ「いつでももっと良くなる要素はあるが、今日の自分たちのパフォーマンスには嬉しく思っている」

ラルフ・ローゼ(SCプロイセン・ミュンスター監督)「非常に良い試合をした。勇敢にいい心構えで試合に臨めたし、前半にはゴールチャンスも作った。しかし最後のところで個人レベルの差が見て取れた」