presented by
Menu
ミュンスターでのカップ戦を前に

グアルディオラ:「答えは一つだけ、勝つか負けるかだ」

明日のDFBポカール(ドイツカップ)一回戦のプロイセン・ミュンスター戦(現地時間の16:00より、ライブティッカーおよびFCB.tvのウェブラジオにて放送予定)に向けた最終練習は、大雨の中、滑り易いグランドで行われた。だがFCバイエルンの選手たちは、そのような悪条件も意に介さず、みっちり集中して1時間の練習をこなしていた。それもそのはず、3部リーグ所属のチームを相手に、本日のグランドのように「滑る」わけにはいかないからだ。

「プレゼントなどもらえないだろう。だが自分たちのサッカーをすれば、二回戦進出は間違いないだろう」とアリエン・ロッベンは、14日(木)fcbayern.deの独占インタビューに応えて語った。本日の練習でペップ・グアルディオラは、カップ戦では「何が起きるか分からない」と選手たちに忠告した。
「我々はバイエルン・ミュンヘンだ、というだけで勝てるような気でいたら、痛い目を見ることになる」

昨年バイエルンは、DFBポカール一回戦で5部リーグのBSV SW レーデンと対戦した。グアルディオラによると「今年の相手は3部リーグ。彼らは全員プロフェッショナル」だ。ミュンスターのチームには空中戦に強いフォワードがいる、とバイエルンの総監督は説明し、「ミュンスターの素晴らしいサポーターたちにより、スタジアムの雰囲気もものすごいものとなるはずだ」と選手に伝えた。

ロッベン、メンバー復帰か

グアルディオラ率いるFCバイエルンは、収容人数15,000人のプロイセンスタジアムで行われる決戦に備え、下調べは終わっているということだ。もっとも、ボルシア・ドルトムントと対戦した先週のスーパーカップ決勝戦では0-2で敗れ、ハヴィ・マルティネスも負傷により離脱、さらにワールドカップ組はほとんど練習できずじまいと、良い状況にあるとは言い難いのもまた事実。
「時間が必要だが、この大会は待ってはくれない。答えは一つだけ、勝つか負けるかだ」とグアルディオラは語った。

スペイン人の名将は、ミュンスターでの一回戦でも多くの主力を欠くことになる。バスティアン・シュヴァインシュタイガー、フランク・リベリー、ティアゴ、マルティネス、ラフィーニャ、ミッチェル・ヴァイザーは揃いも揃って負傷中。またピエール=エミール・ホイビェルクも、本日の最終練習には姿を見せなかった。一方アリエン・ロッベンは、メンバー復帰が噂されている。

だが、どれだけ選手を欠こうが、またW杯イヤーであったがためにプレシーズンでの調整にいかに困難を極めようが、言い訳を一切許さないのがグアルディオラだ。
「この状況を受け入れるしかない」
彼の答えは一つ、「我々のメンタルと情熱で、今後数週間を乗り切っていくしかない。私は、それができると信じている」