presented by
Menu
インサイド

ビーチ、芝生、エアロバイク

本日土曜の練習は、様々な場所で行われた。2-1で制したヴォルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦から約13時間後、フィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、ロベルト・レヴァンドフスキー、ダヴィド・アラバ、ジャンルカ・ガウディーノは、ビーチバレーを楽しんだ。芝上ではダンテとフアン・ベルナトが軽いランニングをこなし、試合に出場しなかった選手たちは、U19の選手たちを混ぜて、およそ1,500人のファンの前での公開練習に臨んだ。ビーチバレーに参加しなかったヴォルフスブルク戦の先発メンバーは、トレーニングセンターでエアロバイクをこいで体力回復に努めていた。フランク・リベリーは、博士号を取得しているトレーナーであるホルガー・ブロイヒの指揮の下、復帰に向けてのリハビリメニューを続け、芝上でハードなランニングメニューに励んでいた。

ゲッツェ、月間最優秀ゴール賞を獲得

7月の最優秀ゴールは、ブラジルW杯決勝のアルゼンチン戦での決勝点となったマリオ・ゲッツェのゴールに決定!  当然の結果と言えば当然の結果。全投票数の73%がゲッツェのゴールを選んでいた。本日日曜の練習前にARD(ドイツ公共第一放送)からゲッツェに月間最優秀ゴール賞のメダルが贈呈された。ゲッツェの決勝ゴールは、現地時間の午後6時より放送される《Sportschau》(シュポルトシャウ=大人気スポーツ番組)でも大々的に取り上げられる予定。おめでとう、マリオ!