presented by
Menu
前十字靭帯断裂

マルティネス、長期離脱へ

残念ながら悪い予感は的中した。ハヴィ・マルティネスは、13日(水)夜のスーパーカップのドルトムント戦で、左ひざの前十字靭帯を断裂する大ケガを負い、これにより年内は全ての日程に欠場することを余儀なくされたことが、チームドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールト医師とペーター・ユーブラッカー医師の診療所で明らかになった。

「当然今は深い悲しみを覚えている」と25歳のマルティネスは語る一方、「でも心配は無用! さらにパワーアップして戻って来るさ」と続けた。マルティネスは、近いうちに米国コロラド州のヴェイルへ飛び、当地で手術を受ける予定にしている。ミュンヘンに戻ってから、リハビリに取り組むことになる。スペイン代表のマルティネスは、ドルトムントとのスーパーカップ決勝戦の前半30分頃に相手と接触し負傷した。