presented by
Menu
UEFA年間最優秀選手

ロナウド、バイエルン勢を抑えて受賞

残念! 本日木曜、モナコのグリマルディ・フォーラムのチャンピオンズリーグ抽選会では、UEFA年間最優秀選手賞も授与されたが、マヌエル・ノイアーとアリエン・ロッベンは惜しくも選ばれなかった。年間最優秀選手に選ばれたのは、53票中23票を獲得したレアルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド。ノイアーは、19票で2位、ロッベンは9票を獲得し3位に輝いた。受賞はならなかったが、欧州トップスリーにFCバイエルンから2名が選出されたこと自体、すばらしい快挙である!

現地時間の19時ごろ、ロナウドはUEFAのミシェル・プラティニ監督からトロフィーを受け取った。おめでとう! 投票は、UEFA会員国の記者によりライブで行われた。受賞はならなかったが、ノイアーとロッベンの結果は決して恥ずべきものではない!マヌエル・ノイアーは「攻撃的な選手と肩を並べてこの場に立っていられることを誇りに思う」と、「当たり前ではない」選出を喜んだ。

FCバイエルンは、それ以外にもすばらしい成績を残している。一回目の投票を終えた時点で、トーマス・ミュラーが4位、フィリップ・ラームが5位に入賞したのである。
「(欧州)最優秀選手ランキングの上位5名に4人のバイエルン勢が選出された。これは初めての快挙だ」とカール=ハインツ・ルンメニゲは誇らしげに語った。