presented by
Menu
インサイド

世界チャンピオンは祝日返上で練習

本日金曜、ミュンヘンは祝祭日(マリア昇天祭)だ。DFBポカール(ドイツカップ)一回戦のプロイセン・ミュンスター戦を2日後に控えたFCバイエルン、この日の練習は休みにするとペップ・グアルディオラ監督が告げていたにもかかわらず、フィールドには一部の選手たちの姿があった。ワールドチャンピオンに輝いたフィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、マリオ・ゲッツェ、ジェローム・ボアテングに加え、アリエン・ロッベン、ダンテ、クラウディオ・ピサーロ、シェルダン・シャキリといった面々だ。彼らはゼーベナーシュトラーセでキツいランニングメニューに取り組んでいた。フィールドにはほかにもフランク・リベリー(膝を負傷)の姿があった。リベリーは、フィジカルコーチのホルガー・ブロイヒ医師と理学療法士のトーマス・ヴィルヘルミの指導下で個人メニューをこなしていた。