presented by
Menu
「最高に面白いが、とても難しい」

FCB、CLの対戦相手はマンC、モスクワ、ローマ

本日木曜の夜、モナコのグリマルディー・フォーラムで行われた今年のチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会で、FCバイエルンはグループEでマンチェスター・シティー、CSKAモスクワ、ASローマと対戦することが決まった。抽選会の進行役を務めたのは、決勝戦が行われるベルリンの親善大使であるカール=ハインツ・リードレをはじめ、イケル・カシージャス、フェルナンド・イエロ、マヌエル・サンチス、フランシスコ・ゲントら、レアル・マドリードの伝説的な選手たち。グループEの顔ぶれは、昨シーズンとほぼ同じ、FCBは今年も昨シーズン同様、マンチェスター・シティー、CSKAモスクワと同じ予選グループに入った。アリアンツ・アレーナで行われる初戦(9月17日)の対戦相手は、マン・シティーだ。

現地でカール=ハインツ・ルンメニゲ、アンドレアス・ユングと共にバイエルンの抽選結果を見守ったFCBのカール・ホプフナー会長は、この抽選結果をふまえて「最も難しいグループだ。決勝トーナメントに勝ち上がるには、最初から集中して仕事をこなさなければならない」と語った。

マティアス・ザマーはこう述べた。
「普通なら、多少なりともやりやすい対戦相手が、最低でも1チーム、運が良ければ2チームいるものだ。今回はそれがない。このグループは、最高に面白いが、とても難しい。だが、これこそ我々にはうってつけの挑戦だといえる。初戦から全力が問われるのは、我々にとっても良いことだ」

FCバイエルンの新加入、メーディ・ベナティアが最も楽しみにしているのは、昨季までプレーをしていたASローマとの対戦だろう。モロッコ代表のベナティアが所属していたローマは、昨年、セリアAで準優勝に輝いている。FCBがローマと最後に対戦したのは、2010/2011年のCLグループステージ。そのときはミュンヘンでのホームゲームを2-0で制し、アウェイでは2-3と惜敗を喫している。

イングランド王者に輝いたマンチェスター・シティーは、昨季はバイエルンと同じ勝ち点を獲得しながらも、得失点差の関係(FCBは、シティーとのアウェエイ戦に3-1で勝利、ホーム戦は2-3で敗れている)でグループ2位通過となった。CSKAモスクワは、同組最下位に終わった。バイエルンとの対戦結果は、モスクワでの試合が3-0、ミュンヘンでの試合が3-1と、いずれもFCBが勝利した。

チャンピオンズリーグ・グループステージのFCBのマッチスケジュール:

9月17日:マンチェスター・シティー(ホーム)
9月30日:CSKAモスクワ(アウェイ)
10月21日:ASローマ(アウェイ)
11月5日:ASローマ(ホーム)
11月25日:マンチェスター・シティー(アウェイ)
12月10日:CSKAモスクワ(ホーム)

2014/2015年のチャンピオンズリーグ・グループステージの抽選結果:

グループA:アトレティコ・マドリード、ユヴェントス・トリノ、オリンピアコス・ピレウス、マルメFF

グループB:レアル・マドリード、FCバーゼル、FCリヴァプール、ルドゴレス・ラスグラド

グループC:ベンフィカ・リスボン、ゼニト・サンクトペテルブルク、バイエル04レヴァークーゼン、ASモナコ

グループD:FCアーセナル、ボルシア・ドルトムント、ガラタサライ・イスタンブール、RSCアンデルレヒト

グループE:FCバイエルン、マンチェスター・シティー、CSKAモスクワ、ASローマ

グループF:FCバルセロナ、パリ・サンジェルマン、アヤックス・アムステルダム、APOELニコシア

グループG:FCチェルシー、FCシャルケ04、スポルティング・リスボン、NKマリボル

グループH:FCポルト、FCシャフタール・ドネツク、アトレティコ・ビルバオ、BATEボリソフ