presented by
Menu
グッバイ、ニューヨーク!

FCB、ポートランドに向けて出発

世界屈指の大都市ニューヨークで濃密な時間を過ごしたFCバイエルンは土曜日の朝(現地時間)、アウディ・アメリカサマーカップ2014の次なる地へと出発した。オレゴン州では8月6日にMLSオールスター選抜とのテストマッチが控えており、ペップ・グアルディオラはその前に、残された5日間でチームを次の段階へ仕上げるつもりだ。

ニューヨークから飛行機で約6時間を要するオレゴン州での時差は−3時間。つまり、ポートランドではまたもや新しいタイムゾーンに順応しなければならない。だが、それよりも長い時差に慣れなければならないのはFCB役員のイェルク・ヴァッカー。同氏は一緒にオレゴン州へは飛ばずに、ニューヨークから時差6時間のミュンヘンへと帰国することになる。というのも、代表取締役のカール=ハインツ・ルンメニゲが昨日ニューヨークに遅れて到着し、ヴァッカーの代わりにポートランドへ帯同するためだ。

ポートランド着陸の2時間後にフランク・リベリー、ホルガー・バドシュトゥーバー、ダヴィド・アラバらを待ち受けているのは、合計8回予定されているうちの1回目のトレーニング。今のところまだ過密スケジュールに頭を悩まされていないのは、現在休暇中の代表選手たち。彼らは、MLSオールスター選抜との試合日ちょうどにチームに合流することになっている。