presented by
Menu
「さらに良いプレーを」

マンチェスター・シティ戦にフォーカス

バイエルン州の夏休み最後の日曜日となったこの日、好天とはいえない天気だったが1000人のファンがバイエルントレーニング場に集まった。チーム練習に参加したのはメディ・ベナティア、クラウディオ・ピサーロ、ジェルダン・シャキリら9人のみで、残りの選手は室内で回復トレーニングを行った。火曜日に行われるチャンピオンズリーグ初戦、マンチェスター・シティとの一戦に向けてしっかりと充電されなければならない。

トーマス・ミュラーは日曜日のシュツットガルト戦後に「いいスタートを切りたい」と話していた。マンチェスター・シティ戦では「エクセレントなチームパフォーマンス」(ミュラー)が求められる。キャプテンのフィリップ・ラームは「マンチェスター・シティは間違いなくトップレベルのチーム」と話していた。膝の負傷で欠場中のアリエン・ロッベンが間に合うかはまだわからない。日曜日の練習でもピッチ上に姿を現さなかった。

一方のマンチェスター・シティもワールドカップに参加した選手のコンディションに問題を抱え、ここまで4試合で勝ち点は7。それでも徐々に調子を上げてきている。セルジオ・アグエロ、エディン・ジェコ、ダビド・シルバといったスター選手を擁するマンチェスター・シティは危険な対戦相手と、ペップ・グアルディオラ監督も金曜日に行われた記者会見で警戒していた。ラームは「水曜日に向けてさらに良いプレーをしないと。でもFCバイエルンがホームでプレーをするんだ。しっかりと勝ちたい」と気合を入れていた。

シュツットガルト戦で見事なゴールを決めたマリオ・ゲッツェは日曜日にFCB.TVに「興味深い試合。良い準備をしている」と話していた。また昨シーズン、レアルマドリードでCL優勝を果たしているシャビ・アロンソはバイエルン選手として初となるCLの試合を楽しみにしており、「マンチェスター・シティは偉大なクラブだ。でも僕らには勝利が必要」とコメントを残していた。