presented by
Menu
インサイド

4名のバイエルン、オフにもかかわらず汗を流す

本日土曜、FCバイエルンの練習はオフ。だが、アリエン・ロッベン、ダンテ、ラフィーニャ、メーディ・ベナティアの4名は、午前中、自主トレで身体を動かしていた。なかでもロッベンとダンテは、しっかりと汗をかいていた。ワールドカップ・セミファイナリストのこの2名は、シャトルランやダッシュを織り交ぜたかなりキツいフィジカル練習に励んでいた。一方その隣でベナティアは、技術的な練習に没頭。筋肉系を痛めていたモロッコ代表のベナティアは、つねにボールを使った練習をこなしていた。彼らより先にラフィーニャは、朝早くからランニングで調整していた(足首の靭帯を損傷)。

ズィナン・クルト、U19代表で勝利

FCBに今季から加入したズィーナン・クルトは、欧州チャンピオンとして迎えたドイツU19代表の今季初戦で勝ち星を手にした。5日(金)にマルクス・ゾルク監督率いる新生ドイツU19はオランダと対戦、3-2(前半2-1)で勝利。2,839人の観客の前で、ケルンで行われたこの試合、60分を過ぎた時点でスコアーは2-2の引分け。ゴールを決めたのは、ドイツがティモ・ヴェルナー(25分、35分PK)、オランダがスエントリ・アルベルト(10分)とヤリ・シュールマン(54分)。ドイツに勝ち越し点が生まれたのは67分、レロイ・サネーがゴールネットを揺らした。クルトは、63分に途中交代してフィールドを後にした。