presented by
Menu
「簡単な試合ではない」

アロンソとロッベンが合流

1日のオフが過ぎ去り木曜日、シュトゥットガルト戦に向けて集中したトレーニングが行われていた。だが、チームが午後トレーニング場に集合する前、マヌエル・ノイアーとレヴァンドフスキがスポーツ誌のキッカーからそれぞれ昨シーズンの人気ナンバー1GKとFWに選ばれていた。

しかし朗報はそれだけではない。サウスダービー2日前にしてアリエン・ロッベンとシャビ・アロンソがチームの全体練習に復帰。それも、8月末にバイエルンへ移籍したアロンソにとってはこの日が初のゼーベナー通りの練習デビューとなった。

VfB戦に向けて行われた木曜日のトレーニングはおおよそ90分にわたり、非常に集中した雰囲気の中で行われた。FCB.tvニュースではノイアーが、「シュトゥットガルト戦が簡単にはいかないことはわかっている。今までも苦戦させられてきた」と次戦を見据えた。 

確かに最近の戦績を見ると、VfBとの勝利は常に1点差と、際どい試合だったことがわかる。だが、今週土曜日から3週間続くイングリッシュウィーク(=1週間に2試合組まれている週の意)を、なんとしても勝ち点3とともにスタートさせてほしいものだ。