presented by
Menu
試合後のインタビュー

「僕たちの方が単純に良かった」

ブンデスリーガ首位のパダボーン相手に4-0。火曜日はFCバイエルンにとって実りの多い晩となった。「僕たちにとって今日勝つことは本当に大切なことだった」と述べたのはロッベン。指揮官ペップ・グアルディオラは、特に「最初の25分」のプレーに満足を示し、「これで首位に浮上したが、今の段階ではあまり重要ではない。重要なのは我々のプレースタイルだ」と、ゲーム内容を充実させることを強調した。

選手のコメント一覧

ペップ・グアルディオラ:我々は最初の25分で良いプレーをすることができた。全体的に満足している。ゲームの組み立てを改善することができた。これで首位に浮上したが、今の段階ではあまり重要ではない。重要なのは我々のプレースタイルだ。

アリエン・ロッベン:僕たちにとって今日勝つことは本当に大切なことだった。僕たちの方が単純に良かったね。相手は序盤、スペースの消し方に少し問題があった。そこを利用して早い時間帯に2-0にすることができた。今日はゴールをたくさん奪えた最初の試合。これを続けていかなければならない。

マリオ・ゲッツェ:前節よりも良い試合がしたくて、しっかりと準備していた。勝ち点3を取るのは重要なこと。ホームでは特にね。でもそれが出来てよかった。比較的良い試合ができたと思うし、チームを祝福したい。序盤でゴールを奪えたのは大きかった。実力のあるチームだし、次の試合を楽しみにしている。

アンドレ・ブライテンライター(SCパダボーン監督):私のチームにとって特別な経験となったよ。赤く光るこのスタジアムで一度プレーしたいというのが我々のモチベーションとなっていた。バイエルンは卓越した実力があり、爆発的な攻撃力を持っているから、全てを防ぐことは不可能だ。だが、我々は攻守の切り替えの際に良いプレーがあったし、ほとんどの場面で解決策を探そうとした。自分たちを誇りに思っていい。選手たちは素晴らしかった。今日はここに泊まって、明日全員でオクトーバーフェストに行くよ。

ウーヴェ・ヒューネマイアー(SCバダボーン):15分経過して2点ビハインドの状態は簡単ではない。だが、それでもしっかりと立ち直ることができた。バイエルン相手に普通多くのチャンスは望めないが、僕たちにはチャンスもあった。そのうちの一つでも活かすことができていれば、もう少し際どい試合になっていたかもしれない。僕たちはこの試合から多くのことを学べる。バイエルンは単純にレベルが違う。だから、勝ち点は他の試合で取らなければならない。