presented by
Menu
「今日は楽しむ一日」

オクトーバーフェストで乾杯

ミュンヘンでは伝統のビール祭りオクトーバーフェストが盛大に開催されている。連日数えられないほどの多くの人びとが会場を訪れる中、FCバイエルンの面々も日曜日にクラブの伝統となっているオクトーバーフェスト訪問を行い、ここまでのチームの成功に乾杯した。トーマス・ミュラーは「僕らはいい位置にいるし、昨日はいい試合ができた。今日はとことん楽しみよ」と盛り上げていた。

殆どの選手・関係者が家族や恋人同伴で会場に集まり、居心地のいい空間で心ゆくまで楽しんだ。ペペ・レイナ、メディ・ベナティア、シャビ・アロンソ、ゼバスティアン・ローデ、ロベルト・レバンドフスキ、シナン・クルトの7選手はそれぞれバイエルンの伝統的な民族衣装を身にまとってオクトーバーフェストデビューを飾った。

アロンソは「楽しいよ。写真では見たことある。でも一度自分で体感してみないとだね」とfcbayern.deに答えていた。すでにプライベートで数日前に来たことのあったレイナは「またここに来れてうれしいね。すごく気に入ったんだ。今日は楽しむための一日さ。何か飲めるしね」と喜んだ。

グアルディオラだけが仕事に

選手たちはその言葉通りに楽しんだ。監督のペップ・グアルディオラはクリスティーナ夫人とともに代表取締役カール=ハインツ・ルンメニゲ、ヤン=クリスティアン・ドレーセン、アンドレアス・レッティヒ、イェルク・バッカー、マティアス・ザマーと同じ席で上機嫌で祝い、会長のカール・ホプフナー、名誉会長フランツ・ベッケンバウアーと乾杯をかわした。

マヌエル・ノイアーは地下鉄で少し遅れて到着、バスティアン・シュバインシュタイガーは虫垂炎で欠席。またグアルディオラも15時になると席を立ち、次のCL対戦相手となるASローマの視察のためにトリノへ向かった。