presented by
Menu
「とても誇りに思う」

ロッベン、DFBポカール《Walk of Fame》に足形

アリエン・ロッベンが名誉ある賞に選ばれた! FCバイエルンの高速ドリブラーは、ベルリンのオリンピア・シュターディオンにあるDFBポカール(ドイツカップ)《Walk of Fame》(ウォーク・オヴ・フェイム)に足形を残すことになった。オランダ代表のロッベンは、総投票の60%の支持を得て2013/14年シーズンの「ポカール勇士」に選ばれ、ベルリンにその足跡を永遠と刻むことになった。現役選手としては初の快挙だ!

「とても誇りに思う。これで、たとえサッカーをやめたとしても、人々の記憶に永遠に残ることになり、嬉しいよ」とロッベンは、ミュンヘンで型を採取した際に語った。30歳のロッベンは、ベルリンのオリンピア・シュターディオンで行われるポカール決勝戦は凄まじいものだと、次のように語っている。
「サッカー選手なら誰もが味わってみたいもの。前代未聞の雰囲気の中で行われる盛大なサッカーフェスティバルだ。そんな中で勝てたときには、この上ない感激を覚える」

ロッベンが言うのだから間違いない。というのも彼は、2009年にFCバイエルンに移籍して以来3度もカップ戦を制している、いわばポカールのエキスパートだからだ。さらにこれまでに出場した18試合では、14ゴールを叩き出す活躍ぶりときた! なかでも昨シーズン、2-0で制したボルシア・ドルトムントとの決勝戦で決めた先制点は格別だったとロッベンはいう。
「延長に入りゴールを決めたときは感無量だった」

フォルクスヴァーゲン社とドイツサッカー協会DFBがイニシアティブをとり実現にこぎつけたDFBポカール《Walk of Fame》だが、今後も過去から現在にいたるカップ戦の勇士たちの手形や足形を残していく予定だ。現在15名の選手が殿堂入りを果たしているベルリンのスタジアム前のウォーク・オヴ・フェイムに、早くも来月にはロッベンの足を型取りしたブロンズプレートが追加されることになる。