presented by
Menu
「とにかく勝ち点3、以上だ!」

「とにかく勝ち点3、以上だ!」

13試合で10勝。バイエルンが完全に波に乗っている。1-0で勝利した土曜日のヘルタBSC戦は、歴史に刻まれるほどの一戦とはならなかったが、それでも貴重な勝ち点3を獲得できた大事な試合となった。決勝点を挙げたアリエン・ロッベンは試合後に「常に最高のパフォーマンスを出せるわけではない。だが、とにかく勝ち点3、以上だ!」と述べ、監督ペップ・グアルディオラは「ひょっとしたら、70分間数的不利で戦ったマンチェスター戦の後で、選手たちが少し疲れていたのかもしれない」とコメントした。

コメント一覧:

ペップ・グアルディオラ:前半は良いプレーをしていた。後半に入ると自分たちの文化、自分たちのプレースタイルを見失ってしまった。1-0というスコアは常に危険だ。ヘルタはカウンターが速かった。ひょっとしたら、70分間数的不利で戦ったマンチェスター戦の後で、選手たちが少し疲れていたのかもしれない。前半には満足しているが、後半は改善できる。

アリエン・ロッベン:1-0なんて日もあるだろう。常に最高のパフォーマンスを出せるわけではない。後半は良くなかった。とにかく勝ち点3、以上だ!

ジェローム・ボアテング:1-0で先制した後、前半のうちに決めておかなければならなかったチャンスを活かしきれなかった。

ヨス・ルフカイ(ヘルタBSC監督):前半は我々にとって非常に難しかった。彼らは何度もポジションを変えてきて、何度も良いチャンスを作られた。自分たちのペースを一切掴めずに、バイエルンを混乱させることができなかった。後半になるとより互角の戦いができるようになり、ブルックスの同点にするチャンスもあった。残念ながら叶わなかったがね。