presented by
Menu
インサイド

クラブレコードとシュヴァインシュタイガー復帰

FCバイエルンがクラブレコードを叩き出した!今季のブンデスリーガ第12節を終えた時点で、今のところバイエルンが許した失点数がなんとたったの3。これはクラブ史上最小の失点数となる。リーグ全体で見ると、唯一2003-4シーズンのVfBシュトゥットガルトが12節を終えたところで2失点と、バイエルンを上回っている。

シュヴァインシュタイガー復帰、ローデ初ゴール

ホッフェンハイム戦で、離脱してから132日ぶりにバスティアン・シュヴァインシュタイガーが復帰を果たした。同選手の最後の公式戦はW杯ブラジル大会のアルゼンチンとの決勝戦(1-0)。ホッフェンハイム戦で途中出場したシュヴァインシュタイガーは、試合終了間際にチームの4点目をアシストしている。そして、そのゴールでもってセバスティアン・ローデがFCBでの初ゴールを飾った。