presented by
Menu
20人がトレーニングに参加

ノイアーとボアテング、ホッフェンハイム戦に向け順調

ニット帽にマフラー、手袋。木曜日、FCBの選手たちはもう完全に冬の装備を身につけ、今週土曜日に控えるホッフェンハイム戦(日本時間23時30分キックオフ)に向けてトレーニングに没頭していた。戻って来た代表組も参加したこの日の練習時の気温は、あと少しで0℃に到達するほどで、まさに冬の到来を感じる一日となった。

ピッチに立ったのは合計で20人。ドイツ代表戦を軽い負傷で欠場していたマヌエル・ノイアーとジェローム・ボアテングも参加した。非公開となったこの日の練習に欠席したのはトーマス・ミュラー。同選手はスペインとのテストマッチででん部を打撲しており、ジムで治療を受けるにとどまった。全体練習には参加しなかったものの、ホッフェンハイム戦には間に合う見通し。

とは言え、土曜日には主将フィリップ・ラームなどその他の主力メンバーを欠くことになるバイエルン。マティアス・ザマーは「ホッフェンハイム戦はとても真剣に臨まなければならない。昨年はホームで3-3だった。最高のパフォーマンスと最高の集中力で臨むことでしか勝利は見えないだろう」と今節を見据えた。