presented by
Menu
インサイド

バドシュトゥーバー、順調に回復中 — ボアテング打撲

本日日曜、チームメートがゼーベナーシュトラーセで汗を流しているなか、ホルガー・バドシュトゥーバーはFCBの体験ワールドでサイン会を行っていた。FCB体験ワールドは、クラブミュージアムとしては国内最大の規模を誇る。
「毎日リハビリだから、よい気分転換になった」とバドシュトゥーバーは語った。バドシュトゥーバーは、左太ももの筋腱断裂というケガの治療に取り組んでいるが、「全て順調だ」という。25歳の彼は「もうすぐ次の段階に進み、年明けから本格的にポジション争いに参入できるよう願っている」そうだ。

ボアテングは打撲

ホッフェンハイム戦で73分にフィールドを後にしたジェローム・ボアテングは、本日日曜、fcbayern.deに「ももかんを食らった」ことを打ち明けた。もっともケガの度合いは軽く、25日(火)に敵地で行われるチャンピオンズリーグのマンチェスター戦(ドイツ時間の20:45キックオフ)には間に合いそうだ。