presented by
Menu
ユーロ予選とテストマッチ

代表戦に臨むFCBプレーヤー

ウィンターブレイクに突入する前に年内最後の国際Aマッチウィークがやってくる。今回もまた数多くのFCBプレーヤーが各国代表に招集され、ユーロ2016フランス大会に向けた予選で、貴重な勝ち点をめぐり熾烈な争いを繰り広げる。その他にもいくつかの親善試合が予定されており、fcbayern.deがバイエルンの選手たちの代表スケジュールをまとめた。

グループD
11月14日にニュルンベルクにて開催される年内最後のグループ予選、対ジブラルタル戦に招集されたドイツ代表組はマヌエル・ノイアートーマス・ミュラーマリオ・ゲッツェジェローム・ボアテングの4選手。同代表はその4日後、ヴィーゴでフアン・ベルナトのスペイン代表と親善試合を行う。

ロベルト・レヴァンドフスキのポーランド代表は11月14日、ユーロ予選でグルジアと対戦予定。その4日後11月18日、ジェルダン・シャキリのスイス代表とテストマッチを行う。

グループA
アリエン・ロッベンのオランダ代表も今回の国際Aマッチデーの間にユーロ予選とテストマッチを1試合ずつこなすことになる。まずは11月12日にメキシコ代表と親善試合を行い、その4日後にラトビアと予選を戦う。

グループC
グループステージを勝ち抜くために勝ち点3が欲しいのが、フアン・ベルナトのスペイン代表。暫定ユーロ王者スペインは11月15日、ウエルヴァでベラルーシを迎え撃ち、その3日後にはヴィーゴでドイツ代表と親善試合を行う。

グループE
3戦を終えた時点で1勝しかできておらず崖っぷちに立たされているのが、グループEに属するジェルダン・シャキリのスイス代表。ザンクト・ガレンで迎え撃つ11月15日のリトアニア戦に勝利すれば、2位の座に近づくことができる。3日後の18日には、ヴロツワフでポーランド代表とテストマッチを行う。

グループI
グループIで単独首位に躍り出るチャンスがあるのは、バイエルン若手ピエール=エミール・ホイビュルクのデンマーク代表。そのためにはベオグラードで開かれる11月14のセルビア戦での勝利が求められる。その4日後に同代表は、ブカレストでルーマニアとテストマッチを行う。

親善試合
バイエルンCBメディ・ベナティアも国際Aマッチウィークの間に代表戦を戦う。モロッコ代表は2015年のアフリカネイションズカップへ向けて親善試合を2試合こなす予定。11月13日にベナン共和国と、11月16日にジンバブエと対戦する。開催地はいずれもアガディール。