presented by
Menu
大混雑

FCB、ベルリンにファンショップを開設

FCバイエルンは土曜日午前、公式ファンショップ・ベルリン1号店をオープンした。ブンデスリーガ第13節キックオフの数時間前、カール=ハインツ・ルンメニゲ、クラウディオ・ピサーロ、ぺぺ・レイナの3選手がモール・オブ・ベルリンの1階に構える同ショップ(Leipziger Platz 12, 10117 Berlin)のオープンセレモニーに参加した。

ルンメニゲは「ベルリンには数多くのバイエルンファンが暮らしている」と興奮する数百人のファンと数多くの報道陣の前でスピーチを始め、「現地のバイエルンファンがこのファンショップを喜んでくれると信じている」とコメント。11時44分にルンメニゲがリボンにはさみを入れ、その横に立っていたレイナとピサーロが引き続きステージ上で1時間のサイン会を行った。

ベルリンにオープンしたファンショップは、ドイツ国内で10店舗目となり、ミュンヘン市以外の街にできたショップとしては3店舗目となる。