presented by
Menu
シャフタール・ドネツク情報

13人のブラジル人選手と1人のゴールマシーン

シャフタール・ドネツクはもはや国際的な名前だ。ウクライナ王者である同クラブは、96回のCL試合数を誇る。ただし、そんなにたくさんの試合をこなしていながらも、FCバイエルンとはまだ一度も対戦したことがないのだ。だが、そのカードが来年ついに実現する。その試合でのFCBの好条件が一つある。実は、冬季中断期間後のシャフタールの最初のリーグ公式戦が2月の最終週に組まれており、2月17日に行われるFCBとの1stレグがシャフタールにとって2015年最初の公式戦となる。このスケジュールはバイエルンにとって非常に有利に働きそうだ。fcbayern.de がバイエルンの初戦の相手、シャフタール・ドネツクを紹介する。

CLグループ予選の戦績
グループステージ第5節を終えた時点で予選突破を決めていたシャフタール。だが、決して楽にトーナメント進出を決めたわけではない。1位通過のFCポルトが勝ち点14で1位通過を決めた一方で、6試合を終えた時点でシャフタールはたったの勝ち点9しか獲得していなかったからだ。ドネツクは予選で2試合、印象的な勝利(ボリソフに7-0と5-0で勝利)を収めているが、ビルバオ戦(0-0と0-1)とポルト戦(2-2と1-1)では非常に苦戦を強いられた。

国内リーグでの戦績
ドネツクは現在、ウクライナリーグで5シーズン連続優勝中だ。しかし、今季に限ってはディナモ・キエフが同チームの行く手を阻もうとしている。ドネツクは全26節中14節(黒星3回)を終えた時点で、首位との勝ち点差5でリーグ2位につけている。

キープレーヤー
キープレーヤーはなんと言ってもルイス・アドリアーノだろう。ブラジル出身の同FWは現在9ゴールで、リオネル・メッシ(8ゴール)を差し置いてCL得点ランキングトップを走っている。つまり要注意人物ということだ。ただし、アドリアーノの全9ゴールのうち8ゴールはBATEボリソフ相手に挙げたもの。一方、国内リーグではFWオレクサンドル・グラドキーが7ゴールで最多得点をマークしている。ドネツクのキャプテンはクロアチア出身のダリヨ・スルナ。MFタラス・ステパネンコは累積警告により出場停止となっており、1stレグには欠場する。そして、もう一つ欠かせない情報があるのだが、それは、シャフタールのメンバーにはブラジル人が13人いるということだ。

戦術
「ファンはドネツクとの試合を楽しみにしてていい」と、抽選後にペップ・グアルディオラがコメントしていたが、それにはきちんとした理由がある。その理由とは、ドネツクはFCバイエルンと同様、超攻撃的なチームだということ。ドネツクは今のところCL戦で合計15ゴールを奪取し、バイエルンの16ゴールとわずか1ゴール差の得点力を見せつけている。この両チームを上回る得点数を誇るのはチェルシーだけだ(17ゴール)。

スタジアム
継続する経済的な不況が原因で、シャフタールとのアウェイ戦はドネツクから約1000km西に離れたポーランドとの国境付近にあるルヴィウという街で行われる。ユーロ2012の会場としても使用されたこのアレーナの最大収容観客数は約35,000人。ドイツ代表は、当時このスタジアムでポルトガル(1-0)とデンマーク(2-1)に勝利を収めて、ユーロ2012の決勝トーナメント進出を決めた。

FCバイエルン戦についてドネツクのコメント
タラス・ステパネンコ(ドネツクのMF)「バイエルンは素晴らしい選手を抱えた欧州最強のクラブだ。僕たちはこれまでもドイツのクラブチーム相手には苦戦を強いられてきた。2シーズン前にはホームでドルトムントと戦い、良い試合をすることはできたが、最終的には引き分けてしまった。その後のアウェイ戦では敗れている」

歴史 / 獲得タイトル
シャフタール・ドネツクは1936年に創設された。以来同クラブはウクライナの国内リーグで9度優勝に輝いている。過去獲得した国際大会最大のタイトルは、ヴェルダー・ブレーメンとの決勝戦を制したUEFAカップ2009だ。2010-11シーズンにはCLで準々決勝まで進出し、2012-13シーズンもベスト16入りを果たし、トーナメント初戦でドルトムントに敗れ敗退している。

監督
ルーマニアのレジェンド、ミルチェア・ルチェスクが2004年以来シャフタール・ドネツクの指揮を執っており、これまでクラブを8度も優勝へと導いた。「欧州でも最高の監督の1人」と評価するペップ・グアルディオラは「彼との再会を楽しみにしている」とルチェスク監督との顔合わせを心待ちにした。ルチェスクは69歳の時にルーマニア代表監督として1984年のユーロフランス大会に参加し、選手としてはW杯メキシコ大会に参戦していた。