presented by
Menu
ロッベン特別インタビュー

「一瞬のアイコンタクトだけで、すぐにボールが出てくる」

ワールドカップで体力を消耗したにもかかわらず、ロッベンはシーズン立ち上がりから絶好調のプレーを見せ、チーム最多の12ゴールを記録した。特別インタビュー(パート2)でロッベンは前季を振り返り、2015年を展望、さらにはこの夏加わったばかりの新戦力をべた褒めした。

インタビュー(パート2):Arjen Robben(アリエン・ロッベン)

fcbayern.de:「アリエン、ワールドカップ後ということもあり、多くの人々がバイエルンのスロースタートを予想していた。そんななか、今回のブンデスリーガ前季の結果をどう見ている?」
Arjen Robben:「チームは大きな賞賛に値する。前季は素晴らしかった。まだ1試合も負けていない! それも、今年は夏休みがほとんどなく、ケガ人が続出したにもかかわらずだ」

fcbayern.de:「バスティアン・シュヴァインシュタイガーの復帰は大きい?」
Arjen Robben:「バスティーは、我々のキャプテンの一人。それ以上言う必要はあるまい。彼は苦しい時期を乗り越えて戻ってきただけに、1月からは思う存分プレーできるよう願っている。我々には彼が必要だ」

fcbayern.de:「チャンピオンズリーグのグループステージでは、わずか4試合で首位追加を決めましたが…」
Arjen Robben:「それはかなりの偉業だった。マンチェスター・シティー戦を、終了間際のジェローム・ボアテングのゴールで、1-0で勝てたことが最も重要な瞬間だったと考えている。あの勝利で波に乗ることができた。それからローマで7-1で勝った試合は、一生忘れることがない完璧な夜だった」

fcbayern.de:「チャンピオンズリーグのグループステージでは、わずか4試合で首位追加を決めましたが…」
Arjen Robben:「それはかなりの偉業だった。マンチェスター・シティー戦を、終了間際のジェローム・ボアテングのゴールで、1-0で勝てたことが最も重要な瞬間だったと考えている。あの勝利で波に乗ることができた。それからローマで7-1で勝った試合は、一生忘れることがない完璧な夜だった」

fcbayer.de:「今シーズンの前季で大きな鍵を握っていたのはシャビ・アロンソでは? 彼は、実にうまく機能していた。彼とプレーして、どういう印象を受けた?」
Arjen Robben:「あのクラスの選手がチームにいることはとても大きい。彼は、人間としても選手としても超一流。一瞬のアイコンタクトだけで、すぐにボールが出てくるのだから。彼と一緒にピッチに立つのは本当に楽しいよ」

fcbayern.de:「決勝トーナメント一回戦ではドネツクと対戦します。倒せる相手では?」
Arjen Robben: 「いや、危険な対戦相手だ! ユヴェントス、アーセナル、パリなどと当たる可能性もあったが、そのどれよりもやり辛い相手だ。というのも、彼らのことを余りにも知らな過ぎるからだ。唯一確かなのは、楽勝できる相手ではないということだけ。決勝に臨むような意気込みで全力でプレーしない限り、勝ち進めないだろう」

fcbayern.de:「1月上旬には、カタールキャンプが予定されています。後季に向けた準備にはもってこいだと言われてますが、どんな点で?」
Arjen Robben:「とにかくコンディションがいいんだ。練習場もホテルの目の前にある。あそこでいかに集中して練習できるかが、この先の鍵となる。後季にはビッグマッチが控えているからね」

fcbayern.de:「1月には世界最優秀選手が選出されます。マヌエル・ノイアーの受賞のチャンスは?」
Arjen Robben:「それは分からない。だけど、彼がそれに値するパフォーマンスを見せていたことは断言できる。素晴らしい一年間を戦い抜いた。彼の威圧感やパワーで目の前に立ちはだかれると、フォワードとしては脅威だ。彼が選ばれるよう祈るばかりだ」