presented by
Menu
マランダの悲劇

カタールで黙祷

カタールで合宿中のペップ・グアルディオラ監督と選手たちは日曜日の午前練習の前に、事故で他界したヴォルフスブルクのユニオール・マランダを偲ぶ黙祷を行った。

マティアス・ザマーは「クラブとして、関係者とご家族の方々に追悼の意を表したい。信じられないことで、終わることなく気の毒に思う。言葉にすることはできない。ショックなことだ!」と話した。

フランク・リベリーは「この件について語るのは難しい。残酷な話だ。僕らはみんな彼と彼の家族のことを考えている」と語った。ホルガー・バドシュトゥーバーは「悲劇だ。僕らの思いは、悲しみはとても、とても大きい」と口にした。

マランダはポルタ・ヴェストファリカ近郊の道路で土曜日の夜に事故にあい、命を落としてしまった。