presented by
Menu
インサイド

シュタルケが再びゴールに

左足首靭帯結合部の断裂のため、10月半ばから離脱を余儀なくされていたトム・シュタルケ。FCBの正式な練習開始1日前となる1月6日(火)、同GKは負傷後初めてゴールポストの間に立った。シュタルケはGKコーチのトーニ・タパロヴィッチと共に、ボールを使った特別なGKトレーニングをこなした。

マラドーナがノイアーを称賛

アルゼンチンの伝説ディエゴ・マラドーナが、マヌエル・ノイアーこそ昨年の最優秀選手であると述べた。来週1月12日チューリッヒで発表されるバロンドール受賞者だが、同氏にとっての最有力候補はFCバイエルンのゴールキーパーであると、キューバ首都ハバナのラジオ番組で語った。「ロナウドとメッシは休んでいた」と言うマラドーナは、2014年に素晴らしい活躍を見せたノイアーを評価した。