presented by
Menu
タイトル防衛!

ノイアー、世界最優秀GKに再選出

FCバイエルンの背番号1番が、昨年に引き続き世界最優秀GKに選ばれた。国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の行った投票でドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは216ポイントを集め、ティボー・クルトワ(アトレティコ・マドリード/チェルシーFC、96ポイント)とケイロル・ナヴァス(レヴァンテUD/レアル・マドリード、46ポイント)に大差をつけた。投票には世界70カ国のジャーナリストと専門家が参加した。

2年連続で世界最優秀GKとなったノイアーは、2011年には同賞2位に、また2010年と2012年には4位に選出されている。ブンデスリーガ前半戦において、同GKは17試合中わずか4失点。ブラジルW杯でも素晴らしいセーブを連発し、ドイツ代表の優勝に大きく貢献した。

来る1月12日(月)、チューリッヒで行われるバロンドール授賞式でノイアーにさらなる栄誉が与えられる可能性がある。FCバイエルンのGKと並び、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)とリオネル・メッシ(FCバルセロナ)も同賞にノミネートされている。