presented by
Menu
インサイド

ベナティア、全体練習に合流

FCバイエルンのケガ人問題がまた一つ解消された。メディ・ベナティアが水曜日午前、チームの全体練習に合流したのである。モロッコ代表の同主将はここ最近、背中の痛みに悩まされていたため、今年は今のところほぼ別メニューのみをこなしていた。ベナティアは FCB.tv Newsに、「チームがトレーニングしているのを横から見るだけで、自分が参加できないのは楽ではなかった。でも、また戻ってこれて嬉しい」と報告。これにより、長期離脱中のフィリップ・ラーム、ハヴィ・マルティネス、チアゴ以外の全選手が出場可能な状態となった。

ノイアー、アルマーニのファッションショーに出席

ドイツの世界最優秀GKは、イタリアのファッション界からも熱視線を送られているようだ。マヌエル・ノイアーが火曜日、ジョルジオ・アルマーニの2015-16年秋冬メンズコレクションに出席し、ショーを観覧した。ノイアーはこの日、アルマーニ製のカジュアルな服を着こなしていた。また、今シーズンからFCバイエルンが着用する公式スーツは、ジョルジオ・アルマーニによって仕立てられている。

ドネツク、未だに勝利なし

チャンピオンズリーグの決勝トーナメント初戦でFCバイエルンが対戦する相手、ウクライナ王者のシャフタール・ドネツクも、シーズン後半戦に向けたトレーニングをスタートさせた。そして同チームは、キャンプが行っているブラジルですでに2回のテストマッチを実施。しかし、ブラジル1部のECバイーアに2-3で敗れ、その後CRフラメンゴともの試合でも0-0のスコアレスドローと、勝利できずに終わっている。ミルチェア・ルチェスク率いるドネツクは今後、アトレティコ・ミネイロ、SCインテルナシオナル、クルゼイロECとテストマッチを行う予定。そして、FCBとドネツクの初戦の日程は、2月17日となっている。