presented by
Menu
インサイド

ベナティアに腰痛

10日(土)、メーディ・ベナティアは、ドーハでの午前練習を腰痛のため途中で切り上げた。もっとも、ペップ・グアルディオラによれば「たいしたことはない。明日には再び練習できるだろう」とのこと。またクラウディオ・ピサーロも、筋肉系を痛めて午前中はジムでの個人メニューに励んでいたが、午後練には復帰する予定だ。コンディション不良のマリオ・ゲッツェ(胃腸炎)とフアン・ベルナト(かぜ)は、エアロバイクでの軽い調整にとどまり、明日日曜にはチーム練習に復帰することが期待されている。

シャキリ、インテルと契約

9日(金)夜、シェルダン・シャキリのインテル・ミラノへの移籍手続きが完了した。メディカルチェックに合格したスイス代表のシャキリは、インテルと2019年6月30日まで4年半契約を結んだことが、同クラブの公式ウェブサイトにて公開された。バイエルンとインテルは、8日(木)にシャキリの移籍で同意に至っており、シャキリは早ければ明日日曜のジェノアCFC戦に出場する可能性もある。

カタールのキャンプ地、バイエルンを大歓迎

今年もカタールの《Aspire Academy for Sports Excellene》の施設を利用して、フォルクスワーゲン・カタール・キャンプに臨んでいる「バイエルン・ミュンヘンのようなビッククラブを迎え入れることができて光栄だ」とカタール代表のエクゼクティブ・ディレクターを務めるマンソール・アル=アンサリ氏は語った。彼は、13日(火)夜に行われるカタール・スターズ・リーグ選抜との対戦を前に「我々にとっては大きな経験となる。カタールサッカーの実力を知らしめる素晴らしい機会だ」と意気込みも見せている。