presented by
Menu
2週間離脱

リベリーとラフィーニャ抜きでリーグ戦後半突入

VfLヴォルフスブルクとのリーグ戦後季初戦を翌日に控えて、FCバイエルンは2人の重要なプレーヤーを失うことになる。フランク・リベリーとラフィーニャが、水曜日の午後のトレーニングで負傷し、金曜日の試合に出れないことが判明したのだ。

リベリーは右足大腿裏に肉離れを負い、リーグで2位につけるヴォルフスブルクとの初戦だけでなく、来週火曜日に控えているFCシャルケ04戦と、その4日後のVfBシュトゥットガルト戦での欠場も余儀なくされる。

同フランス代表はこれからの数日間、トレーニングを欠席することとなり、来週の水曜日からランニングを始める予定。そして、再来週の頭からチームトレーニングに合流する見通しだ。

一方、右サイドバックのラフィーニャは左足首の外側じん帯を損傷。リベリー同様に約2週間の離脱を強いられる。