presented by
Menu
インサイド

FCB、ファンクラブを訪問

土曜日の午後、選手たちと間近で触れ合うというFCBファンの大きな夢が実現した。バイエルンの選手たちの他、ペップ・グアルディオラ監督や代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲ、マティアス・ザマーが、トレーニングが終わった後その足で予め割り振りされていた担当のファンクラブへと向かった。例えばシャビ・アロンソは、ミュンヘンの北部にある小さな村「ランゲンプライズィング」を訪問した。さらなる詳細は月曜日、FCB.tvとバイエルンのYouTube-Channelで閲覧可能。誰がどのファンクラブを訪れたかは、こちらの記事へ。

トレーニングはノイアーとゲルラント抜き

マヌエル・ノイアーとヘルマン・ゲルラントが土曜日、ゼーベナー通りでのトレーニングに欠席した。ボーフムとのテストマッチ後、そのままファンクラブを訪問できるように、ミュンヘンには戻らずルール地方に滞在していたためだ。残りのメンバーは午前中にリカバー中心のメニューをこなしている。そして日曜日はオフとなり、月曜日から再びヴォルフスブルクとのシーズン後半初戦に向けた徹底的なトレーニングが始まる。