presented by
Menu
パーダーボルン戦後のコメント

「非常に真剣にプレーできた」

ロッベン2点、レヴァンドフスキー2点、そしてリベリーとヴァイザーが1点ずつ。FCバイエルンは、ブンデスリーガのパーダーボルンでのアウェイ戦を6-0で快勝した。全体的に「満足している」というレヴァンドフスキーだが、「週半ばのチャンピオンズリーグのあの試合から、最高のゲームを見せなくてはならなかった」と試合前にはプレッシャーを感じていたようだ。ペップ・グアルディオラは、チームの「真剣さ」を賞賛し、PKを決めたアリエン・ロッベンは、トーマス・ミュラーに感謝を告げた。
「PKは彼にプレゼントしてもらった」

試合後のコメント

ペップ・グアルディオラ:
「我々は非常に真剣にプレーし、相手にほとんどチャンスを許さなかった。あのファイブバックを相手にするのは難しかった。対戦前からパーダーボルンは1部に残留すると宣言していたが、今日それが確信に変わった」

ロベルト・レヴァンドフスキー:
「週半ばのチャンピオンズリーグのあの試合から、最高のゲームを見せなくてはならなかった。満足しているよ。ゴールを1、2点決めると、いつだって最高だ。後半にももう一点取りたかった」

アリエン・ロッベン:
「PKはトーマスからのプレゼントだった。試合前、食事中にちょうどそういう話をしていた。バスティーが、『君は得点ランキングの上位にいるから、PKを獲得できれば君が蹴るべきだ』と言っていた。トーマスにその話をしたら、彼がプレゼントしてくれた。トーマスに感謝してる」

アンドレ・ブライテンライター(SCパーダーボルン監督):
「PKが試合の分かれ目となった。ああなると、これほどボールを回せるチームを相手に守りきるのは不可能だ。我々の相手は、世界一の監督が指揮をとる世界一のチームだったからね」