presented by
Menu
インタビュー:ボアテング

「90分間を通してハイパフォーマンスが求められる」

ジェローム・ボアテングは、28日(土)の早朝からゼーベナーシュトラーセのクラブハウスに姿を現した。4-1で勝利を飾った前日夜のケルン戦から休む間もなく、彼は朝練の前にFCB.tvのインタビューに答えてくれた。ボアテングは、この独占インタビューで、ケルン戦、マヌエル・ノイアー、そして自らの成長について語った。本サイトfcbayern.deではその一部を紹介する。

インタビュー:Jérôme Boateng (ジェローム・ボアテング)

試合の翌日について:
「まずは少し筋トレをしてから、自転車をこぐ。スタメンじゃなかった選手たちは、外で練習している。リカバリーのために肝心なのは、栄養を取ること。しっかりと回復することは、我々選手にとっては非常に重要だ。朝食はヨーグルトと果物だが、昼はパスタ。とにかく炭水化物を取るようにしている」

4-1で制したケルン戦について:
「我々は素晴らしい立ち上がりを見せたが、その後はものの見事に失速し、ケルンを立ち直らせてしまった。マヌがいなければ同点弾を決められていただろう。その後はギアを再びあげて、最終的には3点差に値する勝利をつかみ取ることができた。だが全てに満足できる試合ではなかった。つまらないミスからボールを奪われ過ぎたし、攻守の切り替えも遅かった」

マヌエル・ノイアーについて:
「みな彼がゴールを守ってくれて安心している。僕にとって彼以上のキーパーはいない。毎週そう思い知らされる」

現在の調子について:
「調子は上がってきているが、90分間を通して集中力を保ち、ハイパフォーマンスを発揮しなくてはならない。そうすればカップ戦でも、チャンピオンズリーグでも勝ち進むことができるだろう」