presented by
Menu
インサイド

ボアテング、3試合の出場停止処分

火曜日のFCシャルケ04戦でジェローム・ボアテングが一発退場したことを受け、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所が木曜日、同DFに3試合の出場停止処分を科した。従ってボアテングは、ブンデスリーガのシュトゥットガルト戦(2月7日)、ハンブルク戦(2月14日)、パーダーボルン戦(2月21日)を欠場する。同選手は対シャルケ戦の17分、エリア内にいたシドニー・サムを倒してことで一発レッドカードを受けていた。

リハビリに勤しむ離脱中の選手たち

FCバイエルンは木曜日、ペップ・グアルディオラからオフが与えられていたが、リハビリトレーナーと理学療法士に限ってはいくつかの仕事が残されていた。その仕事とは、ジムで復帰に向け奮闘中のフィリップ・ラーム、フランク・リベリー、ラフィーニャ、ハヴィ・マルティネスの基礎トレーニングをサポートすることだ。他のチームメイトは金曜日、VfBシュトゥットガルト戦(日本時間土曜日15時30分キックオフ)に向けた最終調整で顔を合わせることになる。